損をしないためのオーガニックコスメ:オーガニックとそうでないコスメの違い

オーガニックと聞くと有機栽培によって作られた植物といった意味合いが思い浮かぶと思いますが、これは間違いではないです。しかし、ことオーガニックコスメとなると勘違いしている人も多いようで、無添加化粧品のことだと思われている節があります。場合によっては無添加をただ英語表記にしておしゃれ感を出しているようにも見えますが、この2つは徹底的に違うものがあるので注意しましょう。世に言う無添加化粧品とは、人工添加物を一切使用していない化粧品のことを指し、色合いや形などの見た目を良くするための合成着色料、消費期間を長くするための保存料や防腐剤を配合していないものを呼びます。それ以外の有効成分については天然植物から採取したものとは言い切れず、化学合成物質が含まれているものもあります。当然ながら通常のコスメはこういったものばかりで、人によっては肌に合わずにかぶれたり、赤くなってしまうことがあるようです。対するオーガニックとは前述のように有機栽培によって作られた植物から採取した成分をしようします。有機栽培とは無農薬によって作られるものを指し、近年では農薬だけでなく肥料や土地にもこだわって高品質な栽培方法を行っているようです。人工添加物はもちろん使用されていませんし、天然植物から作られたコスメなので、子供が生まれたばかりの肌が敏感な女性や乾燥肌といった人でも安心して使用できるようになっています。非常に肌に優しいのは確かですが、難点として保存料などを使用していないので、使える期間が短くなってしまい、開封後はすぐに使い切らなければいけないという問題も発生します。また、こだわって植物を栽培し、厳選した素材による配合をするためか、オーガニックコスメの料金は通常のコスメよりも割高となっています。それぞれにメリットやデメリットが存在するので、片方が圧倒的に良いと言いきれるものではないため、肌質やアレルギーなどと相談して自分に合ったものを選択する必要があります。