オーガニックコスメとナチュラルコスメの違いについて

ナチュラルコスメ、オーガニックコスメと言われると、なんだか肌に良さそうだと思いませんか?
実際、このように謳っている化粧品は多いものです。
ではこのふたつ、どのような物でどんな違いがあるでしょうか。
まずナチュラルコスメですが、これはできるだけ化学合成成分を使わずに、植物などの自然由来の成分を配合している化粧品のことです。
例えば化学成分の香料の代わりに、植物から抽出したエッセンシャルオイルを配合するといった具合です。化学成分がすべて悪いわけではありませんが、肌に刺激を与えるものがあるのも確かで、代わりに植物由来の成分を使用しているので肌に優しいと言われています。
とはいえ、ナチュラルコスメには明確な基準がありません。ナチュラルコスメと謳いつつ、化学物質が多く含まれている化粧品が売られている場合があります。何をどこまで配合したものをナチュラルと称するかは化粧品メーカーの判断にゆだねられているので、注意が必要です。
オーガニックコスメは、化学肥料や農薬を使わず、動物や植物由来の肥料を使用して栽培した有機植物から抽出した成分を主に配合して作られた化粧品のことを指します。有機植物は、成長段階において農薬や化学肥料の影響を受けておらず、ビタミンなど栄養素を豊富に含んでいると言われています。これらを使うことで、肌本来の自然治癒力を高めると言われています。
ナチュラルコスメは化学成分を極力排除し、自然派の成分を使用したもの、オーガニックコスメは使用する成分を有機栽培された植物から抽出しているもの、という違いがあります。
どちらも自然由来の成分だから肌に優しいと言われていますが、例えば花粉アレルギーのように自然のものがアレルゲンになることはあります。天然成分すべてが肌に優しいとはいえず、肌トラブルを起こす可能性はあるので注意しましょう。
また、防腐剤を使用していない上、天然成分は酸化しやすいため、使用期限が短くなります。なるべく日の当たらない、涼しい所に保管するようしましょう。