これだけは知っておきたいオーガニックコスメ:流行のオーガニック化粧水

オーガニック化粧水とは化学成分を使わない、植物や食品の抽出物などから作られるコスメアイテムのことです。
一般的にはスキンケアの化粧水などがありますが、ブランドによってはメイク用品に至るまで様々な種類があります。
オーガニック化粧水に使われる素材は、生産過程で農薬や化学肥料を使わない有機栽培によって生産されているので、お肌にも安心して使うことができますし、本来人間の持っている治癒能力を高める働きもしてくれます。
ここで注意するべきことは、オーガニック化粧水と、無添加化粧水には違いがあるということです。
前者は石油由来成分及び動物由来成分を全て排除したもので、加えて植物由来の原料のうち50?90%がオーガニック栽培されてるもののことです。
一方で後者は約7000種指定されている化学成分のうちで、刺激が強いとされている102の旧指定成分を含まない化粧品のことをさします。
ですからオーガニック化粧水の方が安心して使うことができますし、よりナチュラルなコスメであると言えます。
では最近はやりのオーガニック化粧水を選ぶポイントにはどのようなものがあるでしょうか。
まず国際的な認証基準を満たしているものを選ぶことです。
日本国内には明確な基準はありません。
ですから国際的な基準に頼るのが良いのです。
認証団体として信頼度が高いのは、フランスのエコサートやEUのネイトゥルー、アメリカのUSDAやオーストラリアのACOなどが挙げられます。
さらにメーカーが売り出している文句が間違いなく、その基準も信頼できるかどうかという点にも気をつけましょう。
例えば有機栽培された原材料がたった1%でも、現在の日本ではオーガニック化粧水として売り出すことができるので気をつけましょう。
高いものを購入したのにもかかわらず、内容が普通のコスメと変わらないのではお金の無駄になってしまうので、成分表示などを自分なりによくチェックし、信頼に足るものかどうかを購入に際しては判別しなければなりません。